注目されている狭小住宅|マイホームの夢を諦めない

木組みの家が建てられます

部屋

和風住宅を希望するなら宮大工に依頼しましょう。宮大工は伝統的な技術である木組みで住宅を建ててくれるでしょう。オーダーメードによる建築となるので様々なアイデアを形にしてくれるので、生涯にわたって快適に生活できる住まいを実現できます。

もっと見る

眺望のいい立地

婦人

都心へのアクセスに優れている茅ヶ崎は、人気観光スポットでもあります。そこで土地を探している方は一人でもできますが、コンサルティング会社などの専門家に頼るのもいいでしょう。専門家のアドバイスがあれば、自分で勉強する必要はありません。

もっと見る

狭いスペースに建てる

住宅

技術やセンス

広い土地はお庭を広く取れるので、室内に日が当たる割合も高くなります。特に小さな頃団地やマンションに暮らしていた人にとって、広いお庭のある家は憧れです。しかし、都内ではどこも土地が高額で、購入を断念せざるを得ないこともあります。「高くて購入できない」そんな人におすすめなのが、狭い土地に建てる狭小住宅です。小さなスペースでもうまく工夫をすることで、快適な空間が誕生します。ただし、狭小住宅はホームメーカーや工務店の技術やセンスがなくては良い家が完成しません。気になる会社があったら、そこで建てた家や建物をできる範囲でチェックしましょう。また、実際にお話をしてスタッフが土地や建物のことを勉強しているか確認することも要です。

防音性に優れた資材

狭小住宅の良いところは土地代だけでなく、税金が安く済むことです。よく家を建ててから想像していた以上に毎月出費が出ると言われていて、建てたらそれでおしまいというわけではありません。たとえキャッシュで購入したとしても、ずっと税金を払い続けます。また、狭小住宅を建てる際は隣との境界線をきちんとさせておきましょう。育てている植物の枯れ葉が相手側のお庭に入ったことが原因で、トラブルになることもあります。そして、エアコンの室外機の設置スペースを取ることも忘れてはなりません。縦と横、厚みがどれくらいあるか必ず図っておくようにしましょう。大きな通りに面している、小さなお子さまがいる、楽器を使用する場合は防音性に優れた資材を使用することも大事です。

コンセプトを見よう

間取り図

注文住宅を作ってくれる北九州の工務店は標準装備がそれぞれ違うので気をつけて選びましょう。やはり標準装備が優れているところだと総合的なコストは安くなります。他にもコンセプトが違うのでこちらも見ておくと良いです。

もっと見る